TOP  ご案内  プラン・予約  館内・客室  交通アクセス  観光案内
ビジネスホテル花屋TOP >> 館内・客室

観光案内

ビジネスホテル花屋がございます田辺市には、観光名所が数多くあります。
伝統と歴史に彩られた田辺市の観光名所をゆっくりと巡り歩きするのも良し、スポットを決めて行くのも良し。
存分に田辺市を味わって下さい。

熊野古道
熊野古道

熊野三山への信仰は、霊が宿る熊野の山へと向かう苦行によって、一切の罪業が消滅すると信じられ、当初は貴族を中心に、その後、武士や庶民にも広がっていきました。
田辺は、熊野三山への主要な参詣道である中辺路と大辺路の分岐点に当たり、江戸の中期には1日に800人もの参詣人が宿泊したと言われています。
蟻の熊野詣と言われたほど多くの人が参詣したということですから、当時の人々の熱狂的な信仰の様子が伺えます。

熊野古道は、「紀伊山地霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されました。

 

■自然

天神崎

天神崎

ナショナルトラスト運動の先駆けである「天神崎」は、田辺湾の北側に突き出た岬で、 日和山を中心とする緑豊かな20haの丘陵部と干潮時に顔を出す21haの平らな岩礁で形成されています。 ここでは、森・磯・海の三者が一体となって一つの生態系を作っており、市街地に近接しているにも関わらず、 豊かな自然が残されています。

奇絶峡

奇絶峡

田辺市の中央を流れる会津川の上流にある渓谷で、春の新緑や桜、夏の涼しげな不動滝、 秋には紅葉と、四季折々の渓谷美を見ることができます。

ひき岩群

ひき岩群

市街地から5kmほど離れた丘陵地に、奇怪な形の岩山が並んでいるのが「ひき岩群」です。 この辺りは、砂岩地帯で剥き出しの岩が無数に点在しており、この岩山を遠くから眺めると、 まるでヒキガエルの群れが天を仰ぐように見えることから名付けられたと言われています。

田辺梅林

田辺梅林

「紀州の梅」の生産地である田辺の中で、もっともスケールが大きいのがここ、紀州田辺梅林です。 「一目10万本、香り千里」といわれ、開花の時期にはあたり一面真っ白に染まります。 期間中の日曜、祝日には様々なイベントが行われ、花見客で賑わいます。

 

■文化

闘鶏神社

闘鶏神社

通称「権現さん」と呼ばれ、御祭神の中には、熊野三山も勧請(かんじょう)されています。 熊野権現の三山御参詣に替えるという三山の別宮的存在で熊野信仰の一翼を負っていました。 また闘鶏神社は勝負の神様としても御利益があるともいわれています。

高山寺

高山寺

田辺市の市街地を一望できる高台にあり、弘法大師が開創したとされているお寺で、「弘法さん」の名で親しまれています。 江戸時代建立の美しい多宝塔はじめ、広い境内には諸堂宇が立ち並んでいます。

紀南文化会館

紀南文化会館

田辺市役所の隣に位置し、扇ヶ浜を臨む紀南文化会館は、田辺市の文化の中心的な会館です。 1224人収容可能な大ホール、450席の小ホールのほか、各種楽器を揃えた音楽練習室やリハーサル室、展示ホールや研究室などから

 

■公園・海・グルメ

新庄総合公園

新庄総合公園

「花」「芸術」「音楽と舞い」をテーマとした文化の森に自然の森を融合させることにより、 自然環境に親しみながら文化的活動を楽しむことのできる、田辺市最大の都市公園です。

扇ヶ浜海水浴場

扇ヶ浜海水浴場

扇ヶ浜公園に隣接する海水浴場で、穴場的な海水浴場として人気があります。 扇形をした砂浜から「扇ヶ浜」と呼ばれた扇ヶ浜に、平成17年にオープンしました。 ビーチハウスには、トイレ、更衣室、シャワーの他、無料コインロッカーも完備、すぐ近くには400台収容の駐車場もあります。

味光路

味光路

居酒屋やスナックなどが立ち並ぶ紀南一の飲食街です。 夜に埋め込まれた電飾が色とりどりに輝き、夜の町を引き立てます。

 

〒646-0028 和歌山県田辺市高雄1丁目2番53号 (JR紀伊田辺駅より徒歩3分)
TEL 0739-22-3877 FAX 0739-25-1400